カイロプラクターによる問診

整体のトリセツ

痛たたッ!ケガをしたら病院でまず診断

  • 骨折、捻挫、打撲と一部の挫傷

    頭や胴体を強くぶつけるなどした場合はできるだけ安静にします。早めに病院へ受診して、レントゲンやCT、MRIによる診断を受けて下さい。

  • 脱臼

    関節が外れた状態なので、このまま身体を動かすと危険です。早く正しい位置に骨を戻してあげないと靭帯が伸びて脱臼癖がついてしまいます。

これらのケガは整形外科か整骨院で対応することができます。いずれも保険診療の適用範囲内です。

どういう時に行くものなの?

身体がどこか不調になってしまった時、大体の人は健康保険の利く病院へ受診していますが、整体でも急性から慢性の症状まで幅広く対応しています。

ですが保険診療の範囲では時間が少なかったり、湿布と薬を出されただけで帰されたり、病院での対応は全員が納得いくものではありません。

そんな納得のいかなかった方々に対して、満足のいく治療をしていくのが整体です!

デメリット

  • 料金が高い

    健康保険の利かない自由診療です。ただし、医療費控除の対象になる店舗もあります。

  • 国家資格がない

    国内では民間資格のみ。施術者によって技術・知識にバラつきがあります。

メリット

  1. 好みの施術スタイルが受けられる

    整体は手足を使って施術します。お店や施術者によって症状改善のプロセスやアプローチの仕方が変わります。

  2. 時間をかけた治療ができる

    時間をかけてガッツリ治療ができるのも、自由診療ならでは。

  3. 身体の状態を知ることができる

    日常生活の中で、身体がどのように使われて、どこに負担がかかっているのか教えてくれます。

  4. 筋骨格の歪みを改善できる

    手技をもって、骨格のズレ・筋肉の張りを矯正します。

これより下記は、整体が得意とする適応症になります。

整体の適応症は亜急性~慢性的な症状

整体師一口メモ

亜急性とは、急性期が少し過ぎて慢性期に入る前までのものです。

もし既に病院へ受診して、湿布や薬を出されただけで改善の兆しが見られなかったなら、整体を選択肢に入れてみてはどうでしょう?

慢性期に入っても適切なアフターケアで、普段より過ごしやすい身体づくりを目指します。

ケガによる亜急性期の症状

患部は悪化を防止するため動かせません。他の部位への負担が大きくなるので、全身の筋バランスが乱れます。不慣れな動作によって、疲労をはじめとする2次的な症状が現れます。

ケガをしてから少し経ち慢性化したもの

症状が寛解しても、患部に硬さや痛みを残すなどして慢性化することがあります。亜急性期に適切な処置をしていれば、長年付き合うこともなかった症状は多いです。

腰の症状

  • ぎっくり腰

    度合いが重ければ寝返りを打とうとすると激痛で動けなくなったり、軽くても前に屈もうとすると普段は感じない痛みが出たり。重症度はまちまちです。

    + 急性期~拘縮期(クリックで展開)

    壊れた筋肉組織が徐々に再生し、元の状態を取り繕う期間です。発症から、とりあえず痛みを感じなくなるまでを指します。

    ここで勘違いしがちなのは、「痛みがなくなる=治った」ではないということです。この間に筋線維を見てみると、本来くっつくべきところではない場所がくっついていたりするものです。

    アフターケアが非常に重要な期間であり、放置すると調整が難しくなってしまいます。

    + 拘縮期~回復期(クリックで展開)

    炎症の影響で患部周辺や、かばっていた時の負担から硬くなってしまうところが出てきます。そういったところを少しずつ減らしていき、新しく作られた組織を身体に馴染ませていく期間です。

    程度の差こそあれ、発症から1ヶ月も経てば状態は何ら変化しなくなります。回復期を終えるまでの間にどれだけケアをしてきたかで、ぎっくり腰再発のリスクが変わります。

     ぎっくり腰は繰り返すたびに筋肉組織を拘縮させていくので、どんどん硬さを増していきます。いずれはほんの少しの負担がかかるだけで、発痛物質を出す基になります。

  • 腰椎椎間板ヘルニア

    椎間板という背骨を支えるクッションが、悪い姿勢でいたことにより変位します。変位した椎間板の影響で脊髄神経への圧迫がなされ、痛みや痺れを伴うものです。

    高校生のおよそ7割が痛みのないヘルニア、ヘルニア予備軍の時代。椎間板の圧迫で傷みを伴うようになって初めて認識される症状ですが、実は痛みを出していなくとも、姿勢が悪ければヘルニアの状態は起こっています。

  • 坐骨神経痛

    坐骨神経支配下に広がる痛み、痺れの総称です。腰椎椎間板ヘルニアが原因でなることもあれば、臀部の筋肉の硬さが原因のときもあります。

肩の症状

    http://www.akihiromiyasaka.com/wp-admin/admin.php?page=my-custom-admin-af

  • 五十肩(四十肩)

    肩関節周囲の筋肉が動かせず、関節そのものに負担をかけて炎症に発展する問題。炎症に発展するケースも珍しくない為、長期にわたって痛みを引きずるケースもあります。

  • 筋肉の張り

    疲労物質の蓄積から、オーバーユースによる筋疲労から、極度な運動不足から、最後は酸欠をもって筋肉が硬くなります。肩の筋肉は肋骨にかかる割合が多い為、睡眠の質に影響しやすいものです。

    五十肩はこの張りを放っておくことで起こりやすくなります。

  • 腕や手先の痺れ・痛み

    神経根圧迫や肩の上側の筋肉が硬くなりすぎると、肩から腕にかけて伸びる神経の走行を阻害します。これによって痺れ・痛みが引き起こされます。

整体の選び方のポイント

今や歯科医・薬局と並び、全国のコンビニの店舗数と同じと言われている『整体院』。どこへ行ったらいいのか、何がいいのか?と、戸惑う人も多いですよね。

整体院の臨床経験

臨床数を公表しているところであれば、どれだけの人数の患者が来院したのか。それを基に実績や経験値を測ることができます。

院自体はできてまだ日が浅くても、施術者自体がどれだけ優れているかで話は違います。プロフィールなどで施術者の略歴を見てみましょう。

実績のある整体でなら若手の教育がしっかりできますが、グランドオープンしたばかりのお店で同じことを期待するのは難しいでしょう。

キーワード検索の順位や露出で

「地域名+整体」で検索する人は多いと思いますが、知名度の高いものや、検索順位で決めるのもいいでしょう。

ルメディエ治療院

横浜駅の整体はルメディエ治療院

高い効果に自信あり!身体と向き合いたい、バランスを整えたい、定期的にメンテナンスをしたいといった方が多く来院!多くの女性から支持されています。「コンディショニング整体」「セレクト整体」「頭部・顔」の3コースは男性もOK!

  • 「横浜駅」きた西口より徒歩4分
  • 治療・美容目的の両方に対応

また、整体を取り入れた独自の「リンパドレナージュ」コースもあり、女性の方限定で施術は全て女性スタッフによるもので安心して受けられます。自費診療のみの扱い。医療費控除対象。

宮坂鍼灸整骨院

夜の宮坂鍼灸整骨院外観

これまでに多くの優秀なセラピストを輩出し、その信頼と高いリピート率ゆえに、整骨院では珍しい自費診療のみの扱いとなっています。

  • 専用駐車場3台
  • 整体と鍼灸の施術を選べる

施術歴40年を誇る代表を筆頭に、鍼灸期待の院長と少数精鋭の整骨院です。田園都市線・横浜市営地下鉄ブルーライン「あざみ野駅」より徒歩6分。医療費控除対象。

もみの樹

国分寺駅の整体はもみの樹整骨院

主力全員がベテランという、一介のカイロプラクティック・整体院では考えられないような面々が並ぶお店です!息の合ったチームワーク、且つホスピタリティ溢れるところは必見です。

  • 「国分寺駅」北口より徒歩1分
  • 意欲的にイベントに参加・出展している

店舗独自のコースとして、美容「ドライヘッドスパコース」が新設されました。開院35年の膨大な臨床経験を基に、様々な取り組みや活動がなされています。自費診療のみの扱い。

投稿日:2017年7月2日 更新日:

Copyright© ねっとらす , 2018 All Rights Reserved.